電車・バスのご利用方法

電車乗車時

電車の乗車口(中ドア部)からご乗車ください

  • 現金でご利用の場合、あらかじめ小銭をご用意くださると両替の手間を省くことができます。(運賃箱の前ではあわててしまうものです。)
  • 車両停車中に、運転席横の両替器では1,000円札、500円、100円及び50円のみ両替ができます。
  • 「中乗り前降り・運賃後払い方式」となっております。
  • 運賃は、大人170円、小児(小学生以下)80円です。
ICカード乗車券ラピカ(Rapica)ラピカ定期券
敬老パス・友愛パスの場合
現金・紙回数券・一日乗車券
夏休みチャレンジパスなどの場合
  • 乗車口でカードリーダにICカード乗車券ラピカ(Rapica)を触れてください。
  • 財布、定期券入れなどに入れたままで結構です。
  • 必ずドアが開いているときに触れてください。
  •  "ピッ"と鳴ったら乗車受付OKです。
  • 乗車口カードリーダには、 「有効期限」(ラピカ定期券の場合のみ) 「カード残額」、「乗車時の整理券番号」及び「有効ランプ」 が表示されます。ご確認の上ご乗車ください。
  • "ピピピッ"と鳴って無効ランプが点灯したときは、触れるスピードが早過ぎた可能性があります。もう1回カードを触れてください。
    既に乗車受付済みの場合は「乗車受付済みです」とのアナウンスが流れます。(ドアが閉まっているときにカードを触れても、音は鳴りますが、「残額確認」しかできません。)
  • お客様による積増しの手順
  • そのままご乗車ください。
速やかにご着席ください
  • 電車の発進時は大変危険です。速やかにご着席ください。空席がない場合は、握り棒、吊革などにおつかまりください。
  • 走行中の車内での移動は大変危険です。両替、席の移動などは停車中にお願いいたします。
お困りの時や分からないことがあったときは、停車時にお気軽に乗務員にお声かけください。

ページトップへ

電車降車時

降車ボタンを押してください

  • 車内放送でお降りの電停が放送されましたら、お近くの降車ボタンを押してください。
  • 降車ボタンを押すと、降車ボタン及び運転席後ろの表示器が「次とまります」と点灯します。車内放送でも停車の案内をいたします。
  • 電車が完全に止まるまでは、移動はしないでください。
ICカード乗車券ラピカ(Rapica)ラピカ定期券
敬老パス・友愛パスの場合
現金・紙回数券・一日乗車券
夏休みチャレンジパスなどの場合
  • 降車口でカードリーダにICカード乗車券ラピカ(Rapica)を触れてください。
  • 財布、定期券入れなどに入れたままで結構です。
  • "ピッ"と鳴ったら運賃精算完了です。
  • 降車口カードリーダには、 「運賃額」 運賃精算後の「カード残額」、「有効期限」(ラピカ定期券の場合のみ)、「大人」か「小人」の人数、「乗車地点の整理券番号」、「有効ランプ」 が表示されます。ご確認の上降車してください。
  • "ピピピッ"と鳴って無効ランプが点灯したときは、
    • 触れるスピードが早過ぎた場合
      もう1回カードを触れてください。
    • 乗車時に、カードリーダに触れていなかった場合
      「乗車受付されておりません」とアナウンスが流れ、乗務員が手動で操作してから、改めてカードを触れていただき、精算します。
    • カード残額が不足している場合
      「残高不足です」とアナウンスが流れますので、現金、紙回数券又は積増しにより不足額を精算してください。
  • 既に運賃精算済みの場合は、「精算済みです」とアナウンスが流れます。
  • 現金は金額が分かるように乗務員にはっきりお示しの上、ちょうどの運賃を運転席横の運賃箱に運賃をお入れください。
  • 一日乗車券・夏休みチャレンジパスなどをご利用のときは、乗務員にはっきりお示しください。
足元に気をつけてお降りください
  • 雨天時等悪天候の際はステップが滑りやすい場合があり、また、降りた場所に障害物がある場合もあります。足元には十分ご注意ください。
  • お降りになった後、周囲の安全をご確認ください。
お困りの時や分からないことがあったときは、停車時にお気軽に乗務員にお声かけください。

ページトップへ

バス乗車時

バスの乗車口(中ドア部)からご乗車ください

  • 現金でご利用の場合、あらかじめ小銭をご用意くださると両替の手間を省くことができます。(運賃箱の前ではあわててしまうものです。)
  • 「中乗り前降り・運賃後払い方式」となっております。
  • 車内でも、乗務員がICカード乗車券ラピカ(Rapica)一日乗車券を販売しております。ご用命の際は、停車時にお気軽にお申し出ください。
ICカード乗車券ラピカ(Rapica)ラピカ定期券
敬老パス・友愛パスの場合
現金・紙回数券・一日乗車券
夏休みチャレンジパスなどの場合
  • 乗車口でカードリーダにICカード乗車券ラピカ(Rapica)を触れてください。
  • 財布、定期券入れなどに入れたままで結構です。
  • 必ずドアが開いているときに触れてください。
  • 整理券を取る必要はありません。 "ピッ"と鳴ったら乗車受付OKです。
  • 乗車口カードリーダには、 「有効期限」(ラピカ定期券の場合のみ) 「カード残額」、「乗車時の整理券番号」及び「有効ランプ」 が表示されます。ご確認の上ご乗車ください。
  • "ピピピッ"と鳴って無効ランプが点灯したときは、触れるスピードが早過ぎた可能性があります。もう1回カードを触れてください。
    既に乗車受付済みの場合は「乗車受付済みです」とのアナウンスが流れます。(ドアが閉まっているときにカードを触れても、音は鳴りますが、「残額確認」しかできません。)
  • 乗車口の右側(一部車両は左側)に整理券発行機があります。ここからお1人1枚ずつ整理券をお取りください。
  • 整理券をお取りにならないと、始発地からの運賃をいただく場合がございます。
  • 一日乗車券・夏休みチャレンジパスなどの方も、整理券をお取りください。
速やかにご着席ください
  • バスの発進時は大変危険です。速やかにご着席ください。空席がない場合は、握り棒、吊革などにおつかまりください。
  • 走行中の車内での移動は大変危険です。両替、席の移動などは停車中にお願いいたします。
お困りの時や分からないことがあったときは、停車時にお気軽に乗務員にお声かけください。

ページトップへ

バス降車時

降車ボタンを押してください

  • 車内放送でお降りのバス停が放送されましたら、お近くの窓柱などに設置の降車ボタンを押してください。
  • 降車ボタンを押すと点灯します。運転席のランプも点灯し乗務員にも降りるお客様のことが分かります。
  • バスが完全に止まるまでは、立ち上がらないでください。ブレーキ、カーブなどで転倒の危険があります。

運賃をお確かめください

  • 車内前方に運賃表示機があります。お手持ちの整理券番号の金額が、お支払いいただく運賃となります。
  • 運賃は、お降りのバス停が放送されてからご確認ください。バス停ごとに表示は変わります。
  • 表示されているのは普通運賃です。(小児運賃は半額となります。)
ICカード乗車券ラピカ(Rapica)ラピカ定期券
敬老パス・友愛パスの場合
現金・紙回数券・一日乗車券
夏休みチャレンジパスなどの場合
  • 降車口でカードリーダにICカード乗車券ラピカ(Rapica)を触れてください。
  • 財布、定期券入れなどに入れたままで結構です。
  • "ピッ"と鳴ったら運賃精算完了です。
  • 降車口カードリーダには、「運賃額」 運賃精算後の「カード残額」、「有効期限」(ラピカ定期券の場合のみ)、「大人」か「小人」の人数、「乗車地点の整理券番号」、「有効ランプ」 が表示されます。ご確認の上降車してください。
  • "ピピピッ"と鳴って無効ランプが点灯したときは、
    • 触れるスピードが早過ぎた場合
      もう1回カードを触れてください。
    • 乗車時に、カードリーダに触れていなかった場合
      「乗車受付されておりません」とアナウンスが流れ、乗務員が手動で操作してから、改めてカードを触れていただき、精算します。
    • カード残額が不足している場合
      「残高不足です」とアナウンスが流れますので、現金、紙回数券又は積増しにより不足額を精算してください。
  • 既に運賃精算済みの場合は、「精算済みです」とアナウンスが流れます。
  • 運転席横の運賃箱(硬貨投入口)に、運賃表示機に示されたちょうどの運賃及び整理券をお入れください。
  • 金額が分かるように、乗務員にはっきりお示しの上お入れください。
  • 両替は、運賃箱の両替器で、お早めにお済ませください。
  • 高額紙幣(2,000円札、5,000円札、10,000円札)の両替はできません。
  • 走行中の両替は大変危険です。停車中にお願いします。
足元に気をつけてお降りください
  • 雨天時等悪天候の際はステップが滑りやすい場合があり、また、降りた場所に、道路縁石など障害物がある場合もあります。足元には十分ご注意ください。
  • お降りになった後、バスの前後の道路横断は危険です。周囲の安全をご確認ください。
お困りの時や分からないことがあったときは、停車時にお気軽に乗務員にお声かけください。

ページトップへ