定期券

定期券(券種・金額)

 定期券は、新規・継続とも通用期間開始日の14日前からの発売となります。

券種 説明
市電・市バス共通の
定期券
  • 市バスの定期券は、その区間が市電の路線と並行している場合は
    市電にも乗ることができます。(並行している区間のみです。)
暦日定期券
  • 希望の日から使用できる、1か月定期券及び3か月定期券をお求めいただけます。
持参人式の定期券
「ファミリー定期券」
  • 定期券を持参された方、どなたでも利用できるお得な定期券です。
    (通学定期・利用日限定通勤定期は除きます。)
利用日限定(月~金)の
通勤定期券
  • 利用日を月曜日から金曜日までに限りご利用できる、大変割安な定期券です。
    土曜日・日曜日が休日の方におすすめです。
片道のみの定期券
  • 通勤・通学で、行き又は帰りの片道だけ、市電・市バスを利用される方に
    とても便利な定期券です。
  • 通常(往復)の定期券の半額料金になります。
    (通勤定期券・利用日限定通勤定期券・通学定期券)
市バス乗換定期券
  • 複数の路線を乗り換えて利用される場合は
    市営バスだけを乗り換える定期券を購入するとかなり割安になります。
市電・市バス乗継定期券
  • 市電・市バスを乗り継いで利用される場合、それぞれの
    定期料金からさらに10%ずつ割り引くお得な定期券です。
市電全線定期券
  • 1か月 7,720円、3か月 22,150円で市電の全線利用が可能となるお得な定期券です。
市バス全線定期券
  • 1か月 14,700円、3か月41,900円で市バスの全線利用が可能となるお得な定期券です。(H26.4.1~)

定期券の詳しい種別・名称

詳しい種別・名称 単位・区分
通学定期乗車券(記名式) (大人・小児)・(1か月・3か月)
身体障害者通学定期乗車券(記名式) 1か月・3か月
知的障害者通学定期乗車券(記名式) 1か月・3か月
精神障害者通学定期乗車券(記名式) 1か月・3か月
通勤定期乗車券(記名式又は持参人式) 1か月・3か月
身体障害者通勤定期乗車券(記名式) 1か月・3か月
知的障害者通勤定期乗車券(記名式) 1か月・3か月
精神障害者通勤定期乗車券(記名式) 1か月・3か月
通勤通学定期乗車券(記名式) 1か月・3か月
身体障害者通勤通学定期乗車券(記名式) 1か月・3か月
知的障害者通勤通学定期乗車券(記名式) 1か月・3か月
精神障害者通勤通学定期乗車券(記名式) 1か月・3か月
全線定期乗車券(持参人式) 1か月・3か月
身体障害者全線定期乗車券(記名式) 1か月・3か月
知的障害者全線定期乗車券(記名式) 1か月・3か月
精神障害者全線定期乗車券(記名式) 1か月・3か月
利用日限定通勤定期乗車券(記名式) 1か月・3か月
身体障害者利用日限定通勤定期乗車券(記名式) 1か月・3か月
知的障害者利用日限定通勤定期乗車券(記名式) 1か月・3か月
精神障害者利用日限定通勤定期乗車券(記名式) 1か月・3か月
特殊共通定期乗車券(記名式又は持参人式)  
特殊乗継定期乗車券(記名式又は持参人式)  
片道定期乗車券(記名式又は持参人式)  
夏休み子供乗車券(夏休みチャレンジパス。記名式) 小学生・中学生

定期券のお得・便利情報

端数定期券をご利用ください
お客様が自由に、30日を超えない範囲の1月に満たない端数日数を定期期間として追加できます。(この端数日数にも定期券の割引は適用されます。)
夏休み等が始まるまでの端数期間をプラス!
例えば、6月分の通学定期券を購入されるときに、一学期の終業式までの7月の端数の日数を追加して購入するとお得になります。
エコ定期」をご存知ですか
エコ定期とは、休日に、市電または市バスの通勤定期券(利用日限定(月~金)通勤定期券は除きます。)をお持ちの方と同伴して乗車されると、ご家族の運賃が安くなる制度のことです。
定期券の便利な使い方
  • ・バスの定期券で、発着が同一となる他の路線を利用するときは、指定区間内の停留所と同一となる停留所で乗降することができます。
  • ・ICカード乗車券の導入に伴う特例措置(発着が異なる他の路線でも乗降できる。)も設けております。
  • ・片道定期券の場合、利用可能停留所と表示されていても、経路によっては利用できない停留所もあります。
    詳しくは、定期券購入等の際、窓口で利用可能停留所等ご確認ください。

主な定期券の金額

電車 通勤定期 利用日限定(月~金)定期 通学定期
1か月 6,720円 5,280円 (大人) 4,800円
(小児) 2,400円
3か月 19,150円 15,050円 (大人)13,680円
(小児) 6,840円
片道定期券は、上表料金の半額になります。

 

電車 全線定期(1系統・2系統どちらも利用可能)
1か月 7,720円
3か月 22,150円
  • 片道定期券はありません。
  • 利用日限定(月~金)はありません。

 

バス 通勤定期 利用日限定(月~金)定期 通学定期(大人) 通学定期(小児)
基準運賃 1か月 3か月 1か月 3か月 1か月 3か月 1か月 3か月
190円 7,980円 22,740円 6,270円 17,870円 5,700円 16,250円 2,850円 8,130円
220円 9,240円 26,330円 7,260円 20,690円 6,600円 18,810円 3,300円 9,410円
250円 10,500円 29,930円 8,250円 23,510円 7,500円 21,380円 3,750円 10,690円

片道定期券は、上表料金の半額になります。
※基準運賃(26年4月1日~)

※その他の基準運賃の定期料金については、こちらでご確認ください。市バス定期料金表

バス 全線定期
1か月 14,700円
3か月 41,900円
  • 片道定期券はありません。
  • 大人とは中学生以上、小児とは小学生以下です。
  • 基準運賃とは、その区間の普通料金です。
    ※26年4月1日以降の定期料金です。

ページトップへ

ラピカ定期券

定期券
定期券

ラピカ定期券とは

  • 今までの紙定期券がICカード化されたもので、定期券の種類や金額は基本的にこれまでと変わりません。
  • ラピカ定期券の券面には、これまでと同様、有効期間や有効区間などが記載されます。
    また、このカードは券面を何回でも書き換えることができますので、1枚のラピカ定期券で繰り返し利用できます。
  • ラピカ定期券は、ICカード乗車券ラピカ(Rapica)と同じカードを使用して発行しますので、共通回数券としてもご利用できます。
    ラピカ定期券を購入された方は、ICカード乗車券ラピカ(Rapica)を別に購入する必要はありません。(1枚のカードでOK!)
  • 定期券の有効期限が過ぎたとき、有効区間外で乗車したとき、他社のバスに乗車したときは、共通回数券カードとして認識されます。(定期券購入時の共通回数券部分は、残額0円で登録されています。定期券購入時又は車内等で積み増してからご利用ください。)
  • ラピカ定期券の初回購入時は、ICカード乗車券ラピカ(Rapica)と同様、カード代(デポジット分)として500円を別途いただきます。
    カードが不要となって窓口に返却された場合、デポジット分(500円)は返還します。
  • 既に交通局発行のICカード乗車券ラピカ(Rapica)をお持ちの方は、そのカードを定期券といたしますので、カード代(デポジット)は不要になります。

ラピカ定期券の利用方法

  • ラピカ定期券での乗降方法は、ICカード乗車券ラピカ(Rapica)と基本的に同じです。
  • これまでのように、乗務員に券面を見せる必要はありません。有効区間、有効期間等は、カードリーダで判定します。
    乗車口及び降車口のカードリーダが"ピッ"と鳴ればOK!
    "ピピピッ"とエラー音が鳴った場合、乗務員が券面を確認させていただく場合があります。
  • 有効区間を乗り越した場合は、乗越し運賃が発生しますが、ラピカ定期券では、乗越し運賃を自動計算してカードから差し引きます。(事前に積み増しておく必要があります。残額がない場合、モニターに不足額が表示されます。)

発売場所

  • 交通局乗車券発売所
  • 市役所前乗車券発売所
  • 谷山電停乗車券発売所(臨時)
  • イオン鹿児島鴨池店乗車券発売所(臨時)
  • 桜島営業所

ご注意

  • ラピカ定期券を継続購入される場合、ご使用中のラピカ定期券のデータを変更し券面を書き換えますので、必ずご持参ください。
  • 定期券等配達サービスについて

ページトップへ

ラピカ定期券での「乗越し運賃」について

ラピカ定期券で乗り越した区間の運賃額については、乗越区間の正規運賃額になります。(乗車された区間と乗り越した区間の運賃差額ではありませんので、ご注意ください。)
次の事例をご参照ください。

事例

例1 前乗越し(24番線での事例)
  • 乗車区間
    伊敷団地~市役所間 運賃250円
  • ラピカ定期券の有効区間
    下伊敷~市役所間 運賃190円
  • 乗越区間
    伊敷団地~下伊敷間 運賃190円
    この場合、乗越し運賃190円を精算することになります。(250円 - 190円 = 60円ではありません。)
    ラピカ定期券に回数券分の積増しをしてあれば、自動的に乗越し運賃をカードから精算できます。
例2 後乗越し
  • 乗車区間
    伊敷団地~天文館間 運賃250円
  • ラピカ定期券の有効区間
    伊敷団地~新上橋間 運賃220円
  • 乗越区間
    新上橋~天文館間 運賃190円
    この場合も、乗越し運賃190円を精算することになります。(250円 - 220円 = 30円ではありません。)
    ラピカ定期券に回数券分の積増しをしてあれば、自動的に乗越し運賃をカードから精算できます。
例3 前後乗越し
  • 乗車区間
    緑ヶ丘団地~天文館間 運賃250円
  • ラピカ定期券の有効区間
    伊敷団地~新上橋間 運賃220円
  • 乗越区間
    緑ヶ丘団地~伊敷団地間 運賃140円
    新上橋~天文館間 運賃190円
    この場合、ラピカ定期券の有効区間の前後に乗越しがありますが、乗越し運賃は「緑ヶ丘団地~天文館」の運賃250円を精算することになります。(140円 + 190円 = 330円ではありません。)
    ラピカ定期券に回数券分の積増しをしてあれば、自動的に乗越し運賃をカードから精算できます。

ページトップへ

エコ(環境)定期について

  • 休日等に、「通勤定期券」を使い市電・市バスを利用されたお客様とその同伴の家族の方の運賃が格安になります。
  • 更に、「通勤定期券」を所持するお客様は、券面に表示している区間外においても100円でご乗車いただけます。
  • いつもの「通勤定期」が格安運賃の「エコ定期」に!
    気軽にエコに参加できる地球に優しいこの制度、休日にマイカー利用を少し控え、活用してみてはいかがでしょうか。
適用される利用者
  • 「通勤定期券」所持者及び同伴家族
    (同伴家族:二親等以内の同居家族4人まで有効。
    両親、配偶者、兄弟姉妹、子供、孫、祖父母。姻族側を含む。)
適用される定期券
  • 「通勤定期券」(「利用日限定(月~金)通勤定期券」は対象外です。)
適用される日
  • 土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月30日~翌年1月3日)、お盆(8月13日~15日)

安くなる運賃

  券面に表示している区間内 券面に表示している区間外
「通勤定期券」所持者 100円
同伴家族 大人 100円 100円
小児 50円 50円
適用される路線
利用・適用方法
同伴者がいない(所持者のみご乗車の)場合
  • ラピカ定期券を降車口カードリーダに触れてください。
同伴者がいる(複数でご乗車の)場合
  • 降車時、「通勤定期券」を提示のうえ
    同伴家族の人数(大人~人・小児~人)を乗務員にお申し出ください。
    乗務員の機械操作後、ラピカ定期券を
    降車口カードリーダに触れて精算します。
その他
  • 「エコ定期券」という固有様式の定期券はございません。

例 紫原在住の鈴木さん家族の場合

・本人 鈴木A男さん(サラリーマン) ≫ 「紫原~交通局前」間の通勤定期券を所持しています。
・妻(配偶者) 鈴木B子さん
・長女 鈴木C子さん(中校生)
・長男 鈴木D太くん(小学生) ≫ 小児
・祖母 鈴木E代さん(68歳)

鈴木さんは、日曜日に「かごしま水族館」(「水族館前」)まで遊びに行く計画を立てました。
今回はマイカーを利用せず、エコ定期券制度を活用して出掛けることにしました。
通常の場合、片道運賃は…

・鈴木A男さん190円(通勤定期券の券面上の区間を乗り越えることによる乗越し料金)
・鈴木B子さん220円
・鈴木C子さん220円
・鈴木D太くん110円
・鈴木E代さん220円
計960円となりますが

エコ定期制度を利用すると

・鈴木A男さん100円
・鈴木B子さん100円
・鈴木C子さん100円
・鈴木D太くん50円
・鈴木E代さん100円
計450円となり、510円お得になります。

なぜエコ(環境)定期

この制度は、排気ガスによる大気汚染の防止など環境対策の一環として、休日などにおける自家用車利用から市電・市バスへの利用転換を促進しようとするものです。
是非、皆さんのご理解と公共交通機関のご利用をお願いいたします。

定期券

ページトップへ

通学定期券をお求めのお客様へのお願い

通学定期券の発売について

 通学定期券は、通学を目的に市電・市バスをご利用いただく定期券として、通勤定期券よりも高い割引率を適用しているため、発売には条件がございます。

・発売対象

 小学校、中学校、高等学校、大学、高等専門学校及び交通局が認定した各種学校(予備校等)へ通学する場合に限り、お買い求めいただけます。

・発売区間

 通学定期券は、通学証明書により、上記学校等が証明した区間(ご自宅最寄電停又はバス停から通学先最寄電停又はバス停)に限り、お買い求めいただけます。

・購入の際に必要なもの

(1) 新規購入される場合

 学校が発行する「通学証明書」を、乗車券発売所へお持ちください。

 ※通用開始日の14日前(2週間前の同じ曜日)から発売いたします。

(2) 継続購入される場合

 「現在ご利用の通学定期券」を乗車券発売所へお持ちください。

 ※ただし、お手持ちの通学定期券の通用期限が経過している場合は、新規購入と同様の取り扱いとなる場合がありますので、事前に、乗車券発売所へご確認の上、ご来所ください。

 ※通用開始日の14日前(2週間前の同じ曜日)から発売いたします。

 

  ご不明な点がございましたら、乗車券発売所までお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ

お問い合わせ先

鹿児島市交通局 総合企画課 営業係

〒890-0055 鹿児島市上荒田町37番20号
電話 099-257-2102 (直通)
FAX 099-258-6741

ページトップへ