ICカード乗車券(ラピカ)とは

 乗車時・降車時に、カードリーダー(ICカードの情報を読み取る機械)に、ICカード乗車券を軽く触れる(タッチする)だけで、運賃の精算ができる便利なカードです。

  平成17年4月から運用開始していますが、それまでの紙製回数券(平成17年3月末で発売中止)と同様に市電・市バスの回数券としてご利用できるほか、南国交通、JR九州バス、いわさきコーポレーションの共通回数券としてもご利用できます。積増金額1,000円で100円のプレ ミアサービスが付きます。さらに、ラピカは市電と市バスの乗継割引もできるようになりました。
 回数券機能と定期券機能を兼用することもでき、お得で、大変便利なカードとなっております。

■ 発売額
  3,000円【回数券代2,500円 + カード代500円(デポジット)】
 ※カード代500円はデポジット(カード預り保証金)であり、カードが不要となった際に窓口に返却した場合は500円を返還します。
 

○ 初回カード発売時(3,000円)の利用可能金額
    2,750円(回数券代2,500円 + プレミア分250円)

『ラピカ』は 『Ride and pay intelligent card』の頭文字をとって名付けました。
『らくらく、ピッ、と乗れるカード』の意味も込められています。

関連するホームページ

交通局乗車券発売所         099-257-2101


関連FAQ