環境(エコ)定期券割引の適用拡大について

 交通局では、排気ガスによる大気汚染の防止など環境対策の一環として、休日などにおける自家用車利用から市電・市バスへの利用転換の促進を目的として、「環境(エコ)定期券割引制度」を導入しています。

 この制度は、「通勤定期券」等をお持ちの方と同乗するご家族が、土曜・日曜・祝日等の制度適用日に、割引運賃で市電・市バスにご乗車いただけるものです。

 令和4年1月1日から、同割引制度の適用範囲を以下のとおり拡大(変更)しますので、お知らせします。

変 更 日

 令和4年1月1日(土・祝)

変更後の割引対象者 ※下線部は適用範囲の拡大(変更)部分です。

 通勤定期券等所持者と同乗する親族等(当該所持者の配偶者及び2親等以内の親族(※)、婚姻の届出をしないが事実上婚姻関係と同様の事情にある方及びその子供、鹿児島市長がパートナーシップ宣誓書受領証を交付した方及びその子供)合わせて5人以内

(※)両親、兄弟姉妹、子供、孫、祖父母。姻族側を含む。

適用される定期券

  • ・通勤定期券(片道定期券を含む)※市電・市バス
  • ・全線定期券 ※市バス
  •  

 割引が適用される日

 土曜日、日曜日、祝日、年末年始(12月30日~翌年1月3日)、お盆(8月13日~15日)

環境定期券割引の利用(適用)方法

通勤定期券等所持者のみの乗車の場合

 ラピカ定期券を乗降時にカードリーダーへ触れてください。

※定期券区間外での乗降の場合は、自動で積み増し分から割引運賃100円が精算されます。

通勤定期券等所持者と同居の配偶者、二親等以内の親族、事実婚の方及びその子、市長がパートナーシップ宣誓書受領証を交付したもの及びその子が同乗した場合  降車時、通勤定期券等をご提示のうえ、「環境(エコ)定期券利用」の旨お伝えいただき、同乗親族等の人数(大人○人、小児○人)を乗務員へお申し出ください。
乗務員の機械操作後、ラピカ定期券を降車口カードリーダに触れて精算します。

◆環境定期券割引の詳しい内容は、以下のURLからご確認ください。

http://www.kotsu-city-kagoshima.jp/ticket-summary/coupon/#ank4

 

お問い合せ先

総合企画課営業係 TEL099-257-2102