9500 Series

元々は大阪市営電気鉄道(現在はありません。)の車両で、当初は800形として移籍されてきた電車です。平成6年度から平成11年度にかけて、順次車体更新を行い、改めて9500形として名付けられました。
この9500形のデザインの特徴としては、運転席の大きな窓と車両側面の引違い窓の採用が挙げられます。
現在、15両が活躍しています。車両の多さから、事実上の主力形式となっています。

車号 主な仕様
9501号(803号) 寸法:12.35×2.46×3.75m 乗車定員:62人
自重:16.8t 電動機出力:37.5kW×2
メーカー:ナニワ工機(改造)、アルナ工機(改造) 製造年月:H07.03
9502号(804号) 寸法:12.35×2.46×3.75m 乗車定員:62人
自重:16.8t 電動機出力:37.5kW×2
メーカー:ナニワ工機(改造)、アルナ工機(改造) 製造年月:H07.03
9503号(801号) 寸法:12.35×2.46×3.75m 乗車定員:62人
自重:16.8t 電動機出力:37.5kW×2
メーカー:ナニワ工機(改造)、アルナ工機(改造) 製造年月:H08.03
9504号(808号) 寸法:12.35×2.46×3.75m 乗車定員:62人
自重:16.8t 電動機出力:37.5kW×2
メーカー:ナニワ工機(改造)、アルナ工機(改造) 製造年月:H08.03
9505号(813号) 寸法:12.35×2.46×3.75m 乗車定員:62人
自重:16.8t 電動機出力:37.5kW×2
メーカー:ナニワ工機(改造)、アルナ工機(改造) 製造年月:H08.03
9506号(805号) 寸法:12.35×2.46×3.75m 乗車定員:62人
自重:16.8t 電動機出力:37.5kW×2
メーカー:ナニワ工機(改造)、アルナ工機(改造) 製造年月:H09.03
9507号(807号) 寸法:12.35×2.46×3.75m 乗車定員:62人
自重:16.8t 電動機出力:37.5kW×2
メーカー:ナニワ工機(改造)、アルナ工機(改造) 製造年月:H09.03
9508号(811号) 寸法:12.35×2.46×3.75m 乗車定員:62人
自重:16.8t 電動機出力:37.5kW×2
メーカー:ナニワ工機(改造)、アルナ工機(改造) 製造年月:H09.03
9509号(802号) 寸法:12.35×2.46×3.75m 乗車定員:62人
自重:16.8t 電動機出力:37.5kW×2
メーカー:ナニワ工機(改造)、アルナ工機(改造) 製造年月:H10.02
9510号(806号) 寸法:12.35×2.46×3.75m 乗車定員:62人
自重:16.8t 電動機出力:37.5kW×2
メーカー:ナニワ工機(改造)、アルナ工機(改造) 製造年月:H10.02
9511号(815号) 寸法:12.35×2.46×3.75m 乗車定員:62人
自重:16.8t 電動機出力:37.5kW×2
メーカー:ナニワ工機(改造)、アルナ工機(改造) 製造年月:H10.02
9512号(810号) 寸法:12.35×2.46×3.75m 乗車定員:62人
自重:16.8t 電動機出力:37.5kW×2
メーカー:ナニワ工機(改造)、アルナ工機(改造) 製造年月:H11.02
9513号(812号) 寸法:12.35×2.46×3.75m 乗車定員:62人
自重:16.8t 電動機出力:37.5kW×2
メーカー:ナニワ工機(改造)、アルナ工機(改造) 製造年月:H11.02
9514号(809号) 寸法:12.35×2.46×3.75m 乗車定員:62人
自重:16.8t 電動機出力:37.5kW×2
メーカー:ナニワ工機(改造)、アルナ工機(改造) 製造年月:H12.02
9515号(814号) 寸法:12.35×2.46×3.75m 乗車定員:62人
自重:16.8t 電動機出力:37.5kW×2
メーカー:ナニワ工機(改造)、アルナ工機(改造) 製造年月:H12.02